玉城武生

一般企業で財務関連の職に従事する傍ら、ウェブ上で著述活動を行う。

1987年、台湾台南生まれ。大阪市内港湾部の貧民街で育つ。

2011年、名古屋大学法学部卒業。2014年、放送大学大学院文化科学研究科修士課程修了、修士(学術)。イギリスの地理学者ハルフォード・ジョン・マ ッキンダーの理論を基に、19世紀末から20世紀初頭までのアメリカ外交史について学位論文をまとめる。

大学卒業前に読んだフリードリッヒ・ニーチェの著作をきっかけに、哲学へ関心の幅を広げる。特に、プラトン、イマヌエル・カント、アルトゥール・ショーペンハウアーを中心に読む。

ショーペンハウアーの影響から、ラテン語とギリシャ語の他、英、独、仏、中等多言語の習得に注力。また、哲学への理解を深めるため、諸学の通暁を目標としている。